フェレット速報

Read Article

就活生の髪型は何色がいい!?男女ともに面接黒髪人気!

新学期も近づき就活も終わりに指しかかろうとしていますが、新4年生になる人はもう新たに就活を始めている人もいます。

そこで就職活動の事前の準備として欠かせないのが髪形と髪色です。

気になる就活生の理想的な髪型と髪色はどうなのか?

男女で違いはあるのか?調べてみました。

就活は第一印象が大切!好感度を上げるにはやはり見た目から!

就職活動で重要なことは筆記テストもありますが、やはり面接です。

どんなに頭がよくても面接官に良い印象を与えなくては合格通知ももらうことはできません。

しかし、人間の本質は話して見なくては分かりません。

そこでメラビアンの法則はご存知ですか?

メラビアンの法則によると、話す内容より表情やジェスチャーが第一印象の半分を占めていることが研究で分かっています。

実際に面接官に尋ねたところ、

面接担当者

「第一印象で与えるイメージはビジネスの現場でもとても大切なことです。」

との意見が多く聞かれました。やはり企業側も見た目に重点を置いているようだ。

就活での髪色について相談です!

そう問いかけたのは就活準備中の女性です。


彼女は元々地毛が明るめの茶色の髪色でカラーリングをしているように思われることもあるそうです。

しかし就活の面接を前に黒に染めたほうがいいのか、地毛の色のまま面接に挑んでもいいのかと相談を投げかけています。

企業側の言い分はこうだ、

「黒く染めましょう。企業はイメージも大切です。地毛だとしても周りがそう思わなくては関係ありません。

茶髪がフラフラ歩いているのを顧客がみたらチャライ会社だと思われてしまいます。」

しかし、生まれつきの髪色を変えてまで黒に染める必要があるのか

企業側はこう続けています。

「生まれつきの髪色はあならのアイデンティティかもしれませんが、そんなことで不採用になってしまったら勿体ないでしょう。」

確かにそうだ。生まれながらのものだとしても、それを気にしているのであれば変える事も間違ってはいない。

自分に有利な要素を増やし、不安要素を取り除くことが就職活動には一番最適なのかもしれない。

第一印象で判断されても、自分の言葉でちゃんと伝えることが大切

その一方このような意見もあります。

「企業の人事担当者は第一印象で判断してしまいますので、おそらく『茶髪に染めている』と判断するでしょう。しかし、それをあえて武器にし、自らの印象を強く与えしっかりと先方に説明できれば地毛のままでいいと思います。」

つまり、きちんと先方に伝えられるのであれば、そのままでも大丈夫との意見が多く寄せられていました。

 

かく言う私も、日の光が当たると茶髪に染められていると思われるほど髪の色素が薄い。

しかし黒には染めず、そのままの自分で面接に挑んだ経験があります。

その時は自らの言葉でしっかりと先方に伝えるようにしていました。

結果は合格通知を頂くことが出来ているので、髪色が地毛であるのであれば問題はなさそうです。

『面接での重要なポイント』

最後に面接での重要なポイントについて説明しておきます。

それは、確かに第一印象は大きな役割をもっているが、その後の受け答えがしっかり出来ていないと意味がない。

地毛なのであれば髪の毛が茶色だろうが、黒髪だろうがその後の対応で大きな武器にもなるということです。

しかし、必ずしも面接中に髪色についての説明ができるとは限らないので、第一印象を大事にしたいのであれば

黒髪にしておくことが賢明と言えるでしょう。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top