フェレット速報

Read Article

間接照明を安くオシャレに選ぶ5つのポイント!モデルルームなどを手がけた不動産屋が教えます!

間接照明を安くオシャレに選ぶ5つのポイント!モデルルームなどを手がけた不動産屋が教えます!

間接照明ってオシャレだけどよく分からないし、お金かかりそう。。。
そう思う人は多くいると思います。

現に間接照明の置き方を間違えるだけで、とても残念な部屋になってしまいます。
そんな残念な部屋にならないように5つのポイントを抑えておきましょう。

Point1 イメージを膨らませましょう

間接照明を選ぶポイント第一段階として、自分の理想としている部屋のイメージを固めてください

モダンな部屋がいいのか。

モダン

モノトーンでかっこよくしたいのか。

モノトーン

カラフルでポップに仕上げたいのか。

ポップ

ブルーライトを活用した近未来な部屋にしたいのか。

ブルーライト

生活感をださないシンプルな部屋

生活感ない

とりあえずいくつか例を挙げてみましたが、自分が理想としているイメージはありましたか?どれもピンとこない場合は、インターネットで色々検索してみて、自分の理想に近い部屋を見つけてみましょう。
※今回はリビングもしくは1Rなどをメインに説明していきます。寝室との照明の選び方は変わってきてしまうので、それは別の機会に紹介します。

イメージが出来たら、次から照明選びに入ります!
あ、前提として部屋は片付けておきましょうね。
棚が多いとかは仕方が無いのですが、荷物が散乱していてはせっかくのイメージが台無しになってしまうので。

Point2 メインライトを思い切って変えちゃおう!

メインライトを変えるのは勇気がいるかもしれませんが、メインライト1つを変えるだけで部屋の雰囲気を一番変えることが出来ます。
メインライトは4つに分類できます。
イメージに合う部屋と、メリットデメリットを合わせて書いておくので、自分の部屋のライトが変わったと考えてみてみましょう。

シーリングライト

オススメ:シンプル ポップ

メリット:どんな雰囲気の部屋にもある万能のライト
デメリット:個性に欠ける

スポットライト

オススメ:モダン モノトーン 近未来

メリット:ライトの向きを変えられるので影などの変化を駆使しオシャレに演出
デメリット:個性が強いので、家具などの兼ね合いが難しい

シーリングファンライト

オススメ:モダン モノトーン 近未来

メリット:サーキュレーターの代わりとしてエアコンと共に電気代の節約になる。
デメリット:値段が高い

ペンダントライト

オススメ:ポップ

メリット:とにかく可愛い
デメリット:部屋全体のバランスが必要

メインライトは大体この4種類だろうか。
もちろん他にも種類はあるが、手を出そうとしたらキリがないので。

次はお待ちかね間接照明を選びましょう。

Point3 間接照明は最低2つ以上!

間接照明は1つではダメです。最低でも2つ以上置きましょう。
それが出来ないのであれば(1つしか置かないのであれば)、むしろ何も置かないほうがいいです。
寝室などであれば話は別ですが、リビングであれば最低2つ以上。これは鉄則です。

間接照明の良さとはなんですか?
何となくカッコイイ?オレンジ色の光がいい?
違います。影が多重になるからいいのです。

影が多重とは、影が一方に伸びているのではなく、いくつか影が重なることを言います。
例えばこの写真
影テレビの裏に間接照明を忍ばせていいるのですが、少し味気ないですよね。
ではこちらの写真はどうでしょうか。
影2影がいくつもあると幻想的な印象になりますよね。
確かに1つでも間接照明があればイメージは変わるのですが、どうせやるなら基本を抑えてやってみてはどうでしょうか?

Point4 間接照明の種類を理解しよう

間接照明と一言で言っても、1種類だけではありません。
またメインライトの紹介のように、イメージにあう部屋と、メリットデメリットをあげて紹介しますので、自分の部屋だったらどうなるか。自分の理想のイメージと重なるかを考えながらみてみましょう。

アッパーライト

オススメ:モダン モノトーン 近未来 シンプル

メリット:大きい間接照明を1つ置くと、部屋が引き締まって見えます。メインライトをつけなくてもいいほど部屋全体を明るくしてくれます。
デメリット:値段が高い。場所をとる。

スタンドライト(大)

オススメ:モダン モノトーン 近未来 シンプル

メリット:部屋のアクセントになる。
デメリット:値段が高い。

スタンドライト(小)

オススメ:モダン モノトーン ポップ 近未来 シンプル

メリット:種類が豊富なのでどの部屋にもあう
デメリット:1つだけだと寝室みたいになる

クリップライト

オススメ:モダン モノトーン 近未来 シンプル

メリット:小さいのにオシャレを演出。置き場所を選ばない。他に比べ低価格。
デメリット:1つだけでは味気ない。

ブラックライト

オススメ:近未来

メリット:1つあるだけで部屋の雰囲気を一転させられる
デメリット:個性が強いので、部屋全体の統一が必要

コレくらいでしょうか。
多分皆さんがイメージしているライトがあったと思います。
ざっくりな名称で一括りにしているので、もっと細かい種類がありますので、色々さがしてみて下さい。名称

Point5 間接照明の置き方を間違えない

これで最後のポイントになります。ここまで長くて嫌になっている人も多いと思いますが、後は置き方を注意するだけです。ここまできたので最後までやっちゃいましょう!

Point3でも言ったように影を重ねる作業になります。
基本的な間接照明の置き方はあるのですが、はっきり言って間取りがそれぞれ違いますし、イメージによって置く場所も変わってきます。なのでコレが正解!!とは言えないのですが、一応鉄則というか注意事項だけ。

1.光を同じ方向に向けない

コレは部屋の片方に間接照明を置かないということです。
基本的には左右に置きましょう。
片方に2つ置いてしまっては、ただ片方が明るいだけです。

2.間接照明を隠してみる

コレは照明の大きさにもよりますが、見える所におくのではなく、照明自体を隠しておいて、光だけ浮き出てるように見せるとより効果的でオシャレに見えるということです。先ほども画像で紹介したコチラ影2テレビの裏に、テレビボードの下など照明自体は見えないけど、光が溢れている感じがします。
確かにオシャレな間接照明を見せたい気持ちも分かりますが、そこは思い切って隠してみると、意外とよかったりします。
逆を言うと、オシャレな間接照明は高いですが、見栄えを気にしない間接照明は安いので、それを使うと安上がりです。

3.目線の高さに置かない

ライトの種類によりますが、出来るだけ目線の高さに照明を置かないようにしましょう。
これはせっかく落ち着く照明なのに、目の高さにあっては落ち着かないからです。
せめて光の向きを普段座る向きの逆にするなどにしましょう。

こんなものですかね。
とにかく光を影を重ね見えない所にも気を配りリラックスできる環境を作るということです。
いっぺんにやる必要はありません。1つ1つ時間をかけてでも中途半端にならずに最後までやってみましょう。

インテリアで絶対に忘れないで欲しいこと!

最後になりますが、インテリアをやっていく上で絶対に忘れないで欲しいことがあります。
それは、居心地のいい部屋にして下さい。

何のためにインテリアをやるのか?
インテリアに凝る理由はいくつもあると思います。
オシャレな部屋にしたい!と思ったとしても、それは誰に向けて?
自己満足でいいのか、他の人に見せたいのか、かっこつけなのか。
色々あると思います。

私の場合はインテリアが元々好きで色々やってきました。
メインライトはもちろん、間接照明が3~4つ、ホームシアターセットに大きなテレビ
はっきり言ってお金は物凄くかかりました時間も掛かりましたが、本当に好きな空間であり、落ち着く空間に仕上げることが出来ました。

最初は趣味の一環。それから完成した部屋をみて、他の人に自慢したくなり、部屋に人を呼ぶようになりました。
要はかっこつけですw
それでいいと思います。むしろそれのどこが悪いのかが分かりません。
いいじゃないですかかっこつけ。

自分の好きにやって、こだわりの部分があって、時間とお金をかけて、それだけかっこいい部屋が出来たんだから。
それを笑う奴がいたらセンスがないなと鼻で笑ってやればいいんですよ。
インテリアは確かに自己満足かも知れませんが、居住空間が充実すれば家に帰りたくなります。そしてなにより好きな空間にいれるので、リラックスで疲れがとれます。

それがインテリアの根本であり、本質だと私は思っています。
まだまだ書ききれないことがいっぱいあります。
間接照明の効果(視覚的効果や心理的効果、ダイエットにも効果的)や自分の部屋の紹介(結局自慢したいw)色々ありますが、さすがに長くなったのでここで終わりにしておきます。また機会があったらインテリアについて書いていこうと思うので、その時はよろしくお願いします。
コメントなどくれたら嬉しくてすぐにでも書き出しますのでw

長くなりましたが、最後まで読んで頂きありがとう御座いました。
もうサイト終わるみたいですが、ちゃんと続きますので引き続きよろしくお願いしますw

いっそのこと部屋全体を変えたい!
そんな人には安く出きるセルフリノベーションがオススメです。
【裏技】セルフリノベーションの良し悪しを元不動産業者が評価!やってはいけない事も多い!【解説】
セルフリノベーションに大活躍する商品の紹介や、詳しいやり方まで紹介しているので是非見てください。

URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top