フェレット速報

Read Article

松下優也は彼女だけの執事?アニメ役にダンスにミュージカルに何でもこなすイケメン俳優の素顔とは?

松下優也は彼女だけの執事?アニメ役にダンスにミュージカルに何でもこなすイケメン俳優の素顔とは?

ドラマにCMに舞台に活躍中の松下優也さん。
ネット上には彼女の噂がちらほら。。。
しかしそれはガセネタだったと結論付けられましたが、真相は分からない。

っと今回はそんな話ではなく、今回は松下優也さんの執事姿にフォーカスを当てたい。今までもドラマやミュージカルで執事役をやっている彼だが、CMでもその姿を見せ、女性ファンをトリコにしているという。

松下優也のプロフィールを確認

松下優也さんがどんな人物なのか?ここでプロフィールを改めて確認してみましょう。
松下優也松下優也(まつした ゆうや)
1990年5月24日生まれ 現在23歳
身長 180cm
血液型 A型
出身 兵庫県西宮市

小学校6年の頃からゴスペルを習い、洋楽を中心に学ぶ。
中学3年の時にはソウルミュージックに見せられ単身ニューヨークへ渡米するなど活動的だ。その後中学を卒業し、母親の反対を押し切り高校へは行かず、音楽の道へと進むことになる。

なるほど。楽な人生を歩んできた訳ではなく、とても厳しい道を自分で切り開いてきた結果が今にあるようです。23歳とまだ若くしてあの落ち着いた雰囲気と、貫禄は幼少の頃から身につけられたものですね。

ドラマやCMなどでよく見かけるので、松下優也さんと俳優と勘違いする人も多いが、実は歌手でもありダンサーでもあるのが本当の姿のようだ。いくつもの顔を持ち、それを全て成功させているので、並大抵の努力ではないでしょう。

そんな彼の歌とダンスをご覧頂きたい。
松下優也さんの憧れのマイケルジャクソンBillie Jeanのダンスを披露している。

キレッキレのダンス甘いルックス。これは女性だけでなく男性でも見とれてしまいますね。
ちなみに歌声も素晴らしいです。

歌も上手く、渡米経験があるだけに英語も上手い。そして観客を巻き込んでのLIVE。
一緒に楽しめるLIVEは何回でも行きたくなりますよね。

松下優也の執事姿が似合いすぎ!

ダンスに歌にこなす松下優也さんは俳優業でも成功を収めている。
とくに話題になっているのが、”黒執事”と言うマンガ脚本のドラマでの執事姿だ。
この執事姿が驚くほどしっくりきている。

身長180cm細身、そして甘いルックスが執事のイメージにしっくりはまったようだ。
執事執事2反感を買うかもしれないがあえて言わせて頂きたい。
ちょっと違和感があるように感じるのは私だけだろうか?

服装やルックスに文句はない。しかし黒髪が少し浮いているように見える。
髪色のせいなのか髪型のせいなのか。。。
マンガを元に再現されているので多少の違和感は逆に味になるのかもしれない。
(必死のフォローを入れておきますw)

だとしても結果イケメンなので全てOKなのだ!
松下優也2女性ファンは執事姿にメロメロかもしれないが、個人的には爽やかなイメージの中に、たまにみせるダークな部分が男らしくかっこよく感じる。マンガを読んでいる人にはぴったりの執事姿なのか?

執事姿でのCMも好評

そんなドラマでもミュージカルでも執事姿をしている松下優也さんですが、CMでも執事姿を披露しています。それがこちら。
ポポンSプラス CM

共演している女性は志甫真弓子(しほ まゆこ)さん。
H.163 B.86 W.65 H.90 S.23
ここまで公開されているが年齢は非公開です。(なんで?)
志甫真弓子志甫真弓子2今回のCM以外にも、ファミリーマート「本格ファミコレ」やレベルファイブ/ニンテンドーDS用ソフト「二ノ国 漆黒の魔導士」のCMで、芦田愛菜ちゃんと共演するなど、映画や舞台などマルチに活躍している女性です。

余談

松下優也と噂になった彼女とは

ガセネタとして話が通説ですが、一応触れておきます。
松下優也さんと噂になった元彼女とは、女優の仲里依紗さんです。
仲里依紗何故そんな根も葉もない噂がでてきたのか?
それはとあるブログに松下優也さんと仲里依紗さんが何度か密会している姿を目撃したと書込みがあったそうです。しかも動画付きで。
しかし、それは結局ワンクリック詐欺のような記事であって、根拠はどこにもなかったようです。

ガセネタでもこうも広がってしまってはお互いの関係に影響がでてきそうですね。
そしてそれを信じる人も多くいたってことは、多少なりとは彼女の影を見つけていたのかもしれませんね。

ちなみに、松下優也さんの好みのタイプきれかわ(綺麗で可愛い)、お尻の綺麗な人らしいです。
外見のことだけでびっくりw

こんな余談だけの印象で終わってしまうのは申し訳ないので、最後にもう一度松下優也さんのLIVE映像を見て終わりにしましょう。キレッキレなダンスをしながらここまでの高音を出すのはそうとうの鍛錬が必要です。何度見ても素晴らしい。。。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top