フェレット速報

Read Article

カンブリア宮殿で”サラダコスモ”の激安もやしが利益を上げる理由!パラグアイ原料でもやし栽培?

カンブリア宮殿で”サラダコスモ”の激安もやしが利益を上げる理由!パラグアイ原料でもやし栽培?

5月8日(木)22時00分~22時54分に放送される「カンブリア宮殿―“激安もやし”で33年連続黒字!挑み続けた型破り経営」で紹介される、激安もやしビジネス

1袋数十円という激安のもやしで年商72億円、33年連続の黒字経営を続けている”サラダコスモ”
そこには一体どのような秘密が隠されているのか?
また、社長の中田 智洋(なかだ ともひろ)さんが打ち出す、パラグアイ栽培の謎に迫る!

激安もやしでなぜ利益がでるの?

もやし工場1袋20~30円でも買えてしまうもやし。
たったそれだけの値段にも関わらず、なぜサラダコスモは年商72億円もの売上を上げることが出来るのか?その秘密に迫ってみよう。

もやしは栽培が簡単

自動化そもそも”もやし”栽培に手間隙がかからないことで有名です。
光も土も必要ないので室内で育てられますし、種自体に栄養があるので肥料なども必要ありません必要なのはだけ
室内(工場内)で栽培する為、害虫などの心配もなく無農薬です。
さらにもやし栽培は自動化されているので、人件費をかける必要もなく、安定した出荷量を誇ります。

このように、出荷までにほとんどお金をかけずに栽培できる他、安定した栽培が出来るので価格を抑えることができます。ちなみにもやしに水を与えてから8日もあれば出荷できる状態まで育ちます。


原料豆を中国産からパラグアイ産に

日経新聞今までもやしの原料豆は9割以上中国に頼っていた日本のもやし。
しかし、サラダコスモはそれをパラグアイ産に変更することを決めた。
この事業は日経新聞にも取り上げられ、もやし業界だけでなくメディアからも注目を集めている。

中国でのもやし原料豆の高騰が過去5年で35%も上昇していることを背景に、パラグアイでも調達できるようにしコスト削減を狙っている。

サラダコスモはパラグアイに約5億円を投じ、約1000ヘクタールの畑を整備し、来年から本格生産を目指している。今年は数十ヘクタールで試験栽培し、品質や収穫量を見極めてからの本格栽培に備えるという。

自分でも簡単に育てられるもやし

そんなもやしは簡単に育てられることから、子供の自由研究にも使われたりしています。
もやし栽培キットを色々調べてみたのですが、やっぱりサラダコスモさんの栽培キットが一番安いですね。

説明もどれよりも丁寧(育て方解説書付き)で、さらにもやしの種類が多い。なんと10種類から選べます。
1袋315円(税込340円)しかも送料無料
って本当にこれだけの値段なのに送料込みで大丈夫なのか?
普通であれば、【5,000円以上お買い上げの方には送料無料!】とかなのに!
315円のものであれば送料だけでも損しそうなのに!

ということで、私も本当に買いましたw
もやしは元々好きなのでよく食べているのですが、調べてるうちに自分でも育てたくなってしまってw
育て方も暗所(室内可)だし、肥料や農薬もなく水だけで育ち、1週間~2週間で収穫できるのもいいですよね。

今までの常識を覆すもやし経営

中田社長先ほども紹介しました”パラグアイ産原料豆”もやし
今までは9割以上中国に依存してきましたが、それを自らの手で開拓し、さらにそこで安定供給を目指す。
今までにない型破りな経営方針で、33年黒字経営を守ってきた”サラダコスモ”

社長の人柄もやしにかける熱い思いが5月8日のカンブリア宮殿で放送されます。
これを見た次の日は、必ずもやしを食べたくなるはずです。
是非5月8日の「カンブリア宮殿―“激安もやし”で33年連続黒字!挑み続けた型破り経営」をご覧下さい。

ってテレビ業者の回し者みたいになっていますねw

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top