フェレット速報

Read Article

ドラえもんアメリカで放送!キャラや道具がアメリカ仕様に変更!ディズニー制作でもネズミは苦手w

ドラえもんアメリカで放送!キャラや道具がアメリカ仕様に変更!ディズニー制作でもネズミは苦手w

日本の人気アニメ『ドラえもん』全米で放送されることが決定しました。
しかもウォルト・ディズニーが制作するとのことです!

ただ英語吹替えが行われるだけでなく、キャラクターなど多少変更され、米国の文化や生活習慣が反映されたアメリカンな「DORAEMON」として生まれ変わるとされています。

過去には英語吹替えなどで35の国と地域で放送されることはあった『ドラえもん』だが、今回のようにオリジナルの「DORAEMON」となるのは初めて。アメリカ版「DORAEMON」が楽しめるように、「ディズニーXD」で全26話で放送される。

キャラクター名の変更

キャラクター日本版の『ドラえもん』米版の『DORAEMON』キャラクター名もほぼ変わっています。
日本→アメリカ

【主要キャラクター】

ドラえもん→ドラえもん
のび太→ノビー
ジャイアン→ビッグ・ジー
スネ夫→スニーチ
しずかちゃん→スー

【その他キャラクター】

ジャイ子→リトル・ジー
出来杉→エース
パパ→ダッドまたはトビー
ママ→マムまたはタミー
先生→ミスター・エス
ドラミ→ドラミ
神成さん(盆栽を壊されて激怒する人)→ミスター・ランブルトン

さらにキャラクターの性格までも変更されているという。
事前のマーケティングの結果、しずかちゃんが日本ではおしとやかな女の子だったが、アメリカ版では活発なボーイッシュキャラになっているという。


秘密道具名の変更

ドラ焼き秘密道具もローマ字表記になるだけでなく、新たに名前が付けられています。
日本→アメリカ
タケコプター→ホップター
どこでもドア→エニーウエアドア
ドラ焼き→ヤミー・バン

ちなみにドラえもんの大好物ドラ焼きだが、過食表現を禁止する放送基準もあり、ドラ焼きを大量に食べる場面は短縮されるとのこと。

さらに細かい演出の変更

変更キャラクター名や道具の名前だけではなく、日本とアメリカの風習の違いもしっかり変更されています。
日本→アメリカ
箸→フォーク
オムライス→パンケーキ
千円札→アメリカドル札

日本独特の畳のシーンはカットされている。

ちなみに、今回のアメリカ版「DORAEMON」作成はディズニーだが、ディズニーと言えば有名なあのネズミのキャラクター。しかし、ドラえもんがネズミが苦手な設定に変更はないようですw

今回作成される米国版「DORAEMON」を世界基準とする方針を固めたドラえもんは、今回の放送を世界への足がかりにするつもりのようです。元々英語字幕でも35の国と地域で放送されている『ドラえもん』
さらに世界中の人に愛されるアニメになりそうです。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top