フェレット速報

Read Article

エイプリルフールの本当の意味由来は日本人が考えた!嘘ついていいのは午前中だけ!?

エイプリルフールの本当の意味由来は日本人が考えた!嘘ついていいのは午前中だけ!?

嘘をついてはいけない年もある!
4月1日も近づき『エイプリルフール英語: April Fools’ Day』が目前に迫ってきました。
そこでエイプリルフールの本当の意味を知っておきましょう。

エイプリルフールの本当の由来とは?

エイプリル3実はエイプリルフールの起源は全く不明である。
いくつか有力とされている起源はあるがどれも確証がなく仮説として提唱されているものしかない。
その中でも有力と言われているものを挙げてみよう。

キリスト教旧約聖書、ノアの方舟(はこぶね)に基づく説もあります。
ノアが方舟からハトを放ち陸を探そうとしたのですが、何も見つけられずハトが戻ってきたその日が4月1日。そのことからムダな日=ウソをついていい日となったとか。
インドで悟りの修行は、春分から3月末まで行われていたが、すぐに迷いが生じることから、4月1日を「揶揄節」と呼んでからかったことによるとする説もある。

先ほども言ったがどれも確証がなく仮説の域を抜けていない話である。


そもそもエイプリルフールってなに?

エイプリル5エイプリルフールとは4月1日に嘘をついてもいい日!と思っている人も多いと思います。
しかし、実は嘘をついてもいいのは午前中だけと言う説もあります。

これも諸説ありますが一番有力な説を紹介します。

 「エープリルフールは万愚節にむだな使いにやられたり、または一杯くわされる人」をいい、「万愚節は4月1日のことで、欧米ではこの日、ことに午前中は、人にうそをいっても、からかってもよいことになっている」とし、「いかなる種類のいたずらでもよいというのではなく、無邪気な罪のないうそやいたずらならよい。元首や大統領に関する事柄などについては厳禁」と解説するのは、『英米故事伝説辞典』(冨山房・昭和49年)である。

なるほど。良く分かりません。
結局なにを言いたいかと言うと、エイプリルフールの起源は何にも分かっていません。
なので堅い習慣や風習に縛られる必要もありません。

。。。が嘘をついていい確証もないってことですね。

エイプリルフールは実は日本人が考えたこと!

エイプリル4 エイプリルフールと言う言葉から外国で考えられたと思われがちですが、実は日本人が考えたのではないかと言われています。
エイプリルフールは英語表記をした場合で、本当は『四月馬鹿』
その起源は江戸時代よりもっと古く、仏教が伝わってきたときまでさかのぼります。

上記にいくつか有力な説を紹介しましたが、こんな説もあります。
要約すると、ブッダが苦行を行い、苦行から悟りをひらきはっちゃけた日が4月1日
それを知った日本人が『あの仏ブッダがはっちゃけるほどの日なんだし、馬鹿(嘘)くらいしても許されるでしょ!!』
と始まったのがエイプリルフールの本当の起源です。

その後毎日苦行のように仕事をしていた世界中の人々に「日本人はストレス発散を4月1日にやっているようだ。しかも国民全員で。」
ということで徐々に世界に広まり、今となっては世界共通で4月1日は嘘をついてもいい日になりました。

しかし何故この日本人が発端となった話しが誰にも知られていないのか。
それは当の本人が『全世界の人を嘘つきにしてしまった。。。』と恐くなり誰にも口外しないようにしたといいます。
昔から厳格な日本人はそれを全て闇に葬ったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
エイプリル2嘘です。ごめんなさい。
エイプリルフールでもないのについつい嘘をつきました。
ちなみに最後のエイプリルフールは実は日本人が考えたこと!以外は本当の話を書いています。
それほどエイプリルフールの起源は分かっておらず、謎のままになっています。

エイプリルフールのモラルとして、誰かを陥れる嘘はタブーとされています。
なので今回の私の嘘も笑って流してくださいw

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top