フェレット速報

Read Article

16年大河『真田丸』のキャスト予想とストーリーと歴史・跡地を放送前に画像でみよう!

16年大河『真田丸』のキャスト予想とストーリーと歴史・跡地を放送前に画像でみよう!

来年2016年のNHK大河ドラマが三谷幸喜脚本による『真田丸』と決定した。
三谷さんがNHKの大河を手がけるのは、2004年の『新撰組』以来12年ぶり2度目だ。

『新撰組』はSMAP香取慎吾さん主演で、平均視聴率17.41%と高い視聴率をたたき出しているので、今回の『真田丸』にも期待が持てる。

また、三谷幸喜さんと言えば、物語に忠実なだけではなく、オリジナルストーリーを面白く分かりやすく脚本することでも知られているので、今回の『真田丸』も面白く見やすい大河ドラマになりそうだ。

真田丸ってなに?

今回題材となる『真田丸』ってなに?と思っている人に軽く説明を。
【真田丸(の戦い)とは】

信州の真田家に生まれ、幼少期から青年期を上杉景勝、豊臣秀吉の人質として過ごした信繁。天下分け目の関ヶ原の戦いでは西軍につき、豊臣方と徳川方の最後の戦いとなった「大阪の陣」では劣勢の豊臣勢のリーダーとして、徳川家康を相手に孤軍奮闘。大阪城の弱点を補うべく砦「真田丸」を築いて対抗、最後は戦場に散った。

分かりやすく説明
・戦国時代の武将・真田信繁(幸村)
・1614年(慶長19年)に起きた大坂冬の陣
・大坂城は川に囲まれていたが、南方だけ平坦な台地で手薄
・そこで真田信繁(幸村)が南方に砦を築いたのが『真田丸』
・豊臣秀吉(大阪城)が徳川に攻め込まれた戦いが『真田丸の戦い』
・冬の陣の終了後、和議の条件により真田丸は破壊

この戦いで真田信繁(幸村)は豊臣方のリーダー(武将)として戦うが、結果敗北し戦場で亡くなる。

真田丸の跡地

冬の陣の終了と共に壊されてしまった砦『真田丸』
今でこそ砦はないが、その跡地は未だに人気があるスポットだ。
真田幸村の像と共に跡地を見てみよう。

真田幸村像

真田幸村像真田幸村像2

真田丸

真田丸 場所


真田丸跡地

跡地三光神社(真田丸跡)真田丸跡地抜け穴

真田幸村という人物

真田幸村と名前は聞いたことがあっても、どんな功績を残した人か知らない人が多いと思う。
ゲームやアニメなどにも度々登場する人気の武将であるが、実は不運な人生を歩んできた歴史がある。
真田幸村ゲーム
そもそも真田幸村という人物は存在しません。
真田幸村(さなだ ゆきむら)という名前は、江戸時代の軍記小説作家によって作られた創作という説が有力です。
本当の名前は真田信繁(さなだ のぶしげ)
真田幸村文献によって諸説ありますが、
生誕 永禄10年(1567年)一説に永禄13年(1570年)
死没 慶長20年5月7日(1615年6月3日)一説に寛永18年(1641年)

アニメやゲームによってカッコよく、若く描かれている真田幸村ですが、実は若いころは人質、関ヶ原後は蟄居と不遇の時期が続いた。

さらに武将として有名だが、実は幸村自ら采配した戦いは、大坂冬、夏の陣の2回だけである。たった2回の戦で「日本一の兵(つわもの)」と呼ばれるほどの戦いをしたというから驚きだ。

先ほども言ったように、若い武将のイメージがある幸村だが、一番活躍していたのが40後半と言われています。真田幸村像3改めて調べてみると、結構知らないことが多いですね。
歴史の授業はもう覚えてないですし、今までのイメージが先行して、歴史とはかけ離れた記憶しかありませんでした。

そんな歴史に名を刻んだ真田信繁(幸村)の最後は、武将として豊臣方5万5千の軍勢を率いて、徳川方は16万もの軍勢に挑みます。圧倒的不利な状況で挑んだ戦でしたが、家康を後一歩のところまで追い詰めるが、”幸村終焉の地”と呼ばれる安居神社で討ち取られてしまいます。
その時に幸村がもたれかかっていた松が”さなだ松(2代目)”と呼ばれています。さなだ松(二代目)※1代目は枯れてしまった

真田丸キャスト予想

まだ正式なキャストは公開されていないが、実はある程度決まっているとの情報があります。
脚本が三谷さんなので、主役などメインキャストには三谷作品と縁が深い俳優陣が起用されると言われています。

具体的には、役所広司さんや佐藤浩市さんなどです。
今回の大河ドラマではベテラン俳優を多くつかうとも言われいます。
その理由としてNHK関係者は

「往年の大河ファンからは、演技力をしっかり身に付けた俳優による骨太な作品を望む声も強い」

三谷幸喜さんは、今までに多くのドラマ、舞台、映画など幅広く活躍されている方なので、俳優や女優からも多くの支持を受けています、今回の2016年NHK大河ドラマ『真田丸』豪華キャストが期待できそうです。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top