フェレット速報

Read Article

中国の殴られ屋が壮絶!稼ぎは月35万円「生きるのにはカネが必要」動画あり

中国の殴られ屋が壮絶!稼ぎは月35万円「生きるのにはカネが必要」動画あり

殴られ屋は日本でも少し話題になったことはある。
しかし、中国での殴られ屋はやはりレベルが違った!

「生きるのにはカネが必要」ということで、毎日のように殴られて生計をたてている人がいる。しかも普通の殴られ屋とは違い、避けない!とになく避けずにボディーを殴らせるのを生業としている。

これも中国武術のなせる技なのだろうか。。。
見ているだけでも痛い。。。

“人間サンドバッグ”ことシエ・シュイピン

中国の殴られ屋は“人間サンドバッグ”ことシエ・シュイピンさんだ。
年齢は驚きの48歳。若い人がやっているかと思いきや、案外歳をとっている。

とにかく動画を見てもらいたい。

Is This The Worst Job Idea in The World? Man in China Makes Living As a Human PUNCHBAG


何度見ても痛い!
グローブありで殴られているだけかと思いきや、まさかのグローブを外してまで殴っている。

殴られ屋の利用料金

とにかくお金を払えば3回殴れるということだ。
1回の値段は公開はされていないが、殴るだけなのでそれほど高い金額を設定しているとは思えない。それなのに月35万円稼ぐとなると、相当な数殴られないといけないことになる。。。

いくら鍛えて自信があったとしても、48歳でこれほど殴られるのは勘弁して欲しい。


何のために殴られ屋をやっているのか?

殴られ屋そもそも、なぜ殴られ屋をやっているのか?
タイトルにある通り、「生きるのにはカネが必要」だから。

だけではなく、「上司や奥さんにムカついたら彼らを責めるのではなく、その怒りを私にぶつけてください。円満な社会にしましょう」とも語っている。なんとも素晴らしい事ではあるが、それもどうなのだろうか。

殴るほうはストレス発散ができ円満に解決
殴られるほうはお金が稼げ生活ができる

それなら問題はないのだろう。
ちなみに2004年からスーパーでの「ワインボトルで頭を殴られる」というイベントからヒントを得て、殴られ屋になったというが、そうなると10年間も殴られ続けているのだろうか。あばら骨も心配だが、それ以外にも身体が痛んでいないか心配になるほどだ。

世界の殴られ屋

ここで世界の殴られ屋を紹介しておこう。
中国での殴られ屋を見ても、比較できないですからね。
世界と言ってもやっぱり日本が多いですが。
※そもそも比較する必要があるのか疑問だがw

How To Win A Street Fight WIth Head Movement, Learn Simple (But Awesome) Street Fighting Techniques

名古屋の殴られ屋さんに挑戦(2回目)

大阪 ミナミの殴られ屋

新 殴られ屋in下北沢

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top