フェレット速報

Read Article

ビートたけし不倫相手と半同棲し、愛人の為に財産は放棄!離婚に再婚も?【週刊文春】

ビートたけし不倫相手と半同棲し、愛人の為に財産は放棄!離婚に再婚も?【週刊文春】

お笑い界の大御所 ビートたけしこと北野たけし(67)さんが、離婚の意思を固めたことを週刊文春の取材で明らかにされた。
現在67歳。テレビ界でもお笑い界でも映画界でも成功を納めているたけしさんに一体何があったのか?

順風満帆にも見える北野たけしさんが何を語るのか?
財産分与はされるのか?
気になることをまとめてみた!

北野武(67)

ビート武ビートたけし
本名:北野武(きたの たけし)
1947年1月18日生まれ 現在67歳
1980年結婚 旧姓:松田幹子(まつだ みきこ)
出身:東京都足立区島根
所属:オフィス北野

日本国内にとどまらず、世界的に著名な北野武さん
お笑いから俳優、映画監督など幅広く手がける多才ぶりで、全ての世代から人気を博している。

奥様は元漫才師の北野幹子(きたの みきこ)さん。旧姓:松田幹子(まつだ みきこ)
北野幹子1980年に結婚
1981年に長男:北野篤 が生まれる北野篤1982年に長女:北野井子 が生まれる北野井子1983年、正式に入籍

結婚と入籍が時期違いで2つあるのが気になるが、話によると、奥様が勝手に婚姻届を出したとの事。
たけしさんは訴えようとしたが、前科持ちにさせる訳にもいかず訴えずに受け入れる。

子供は2人のように思えるが、実は子供は3人いる。
それは愛人との間に出来た男の子だ。
愛人との間の子供であるが、認知をし養育費を払っているという。


不倫相手は49歳の元国会議員の秘書

今回の離婚騒動の発端となった不倫相手は、元国会議員の秘書で、現在関西高級ホテルの“アドバイザー”を務めているA子さん。
秘書の後は、地元の熊本で県会議員を務めたこともある。
父親は大手広告代理店の元幹部など経歴・家族構成ともに輝かしいものがある。
そんなA子さんと北野武さんの間に何があったのか?

3日間の半同棲生活

週刊文春週刊文春の取材によって明らかにされたこととして、7月4日から7月7日までの3日間
北野武さんは自宅には帰らずに、A子さんのマンションに寝泊りをしていたという。
もちろん出勤はA子さん宅から。
そんな半同棲生活を撮影されているという。

しかし、たけしさんの所属するオフィス北野の森昌行代表は、2人は仕事の関係であるとして、男女の関係や離婚を否定。ただし、A子さんの自宅にたけしが宿泊した事実は認めた。(引用:週刊文春)

「カミさんに全財産渡して(A子さんと)一緒になる」

週刊文春の直撃取材には応じていないたけしさんだが、「カミさんに全財産渡して(A子さんと)一緒になる」と周囲に漏らしているとのこと。
たけしさんの財産がどれほどあるのか分からないが、全財産を渡してまで一緒になろうとしているということは、所属事務所との見解は違ってくる。

しかし、過去にも不倫経験があり、愛人との間に子供を作ってもなお離婚をしなかった2人。
今回も自身のスキャンダルを笑いに変えて、離婚をしないこともあり得るのか?
奥さんの我慢はどこまで続くのでしょうか。。。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top