フェレット速報

Read Article

寄生獣映画版キャスト最新まとめ原作との比較!予告動画とあらすじ!

寄生獣映画版キャスト最新まとめ原作との比較!予告動画とあらすじ!

『寄生獣』が実写映画となって帰ってくる。
1990年に月刊アフタヌーン(講談社刊)で連載が開始され、累計発行部数1100万部を突破している岩明均氏の人気漫画。

アニメにもなり、さらに今回実写映画として蘇る。
最新のCG技術などにより実現可能になった映画『寄生獣』
そのPART1の公開が2014年11月29日に迫ってきている。

そこで、今現在最新の情報をまとめてみた。
是非映画を見る前に確認しておこう。

『寄生獣』キャストと漫画の比較

主人公 染谷将太(そめたに しょうた)役:泉新一(いずみ しんいち)

染谷将太 泉新一作品の主人公。高校生。パラサイト(ミギー)に寄生されかけるも、運良く右手にだけ寄生する形となり、自我を保った状態でパラサイトと共生していくことになった。ただ徐々にパラサイトとしての思考が濃くなっていき、その言動に変化が生じていく。

橋本愛(はしもと あい))役:村野里美(むらの さとみ)

橋本愛 村野里美新一の同級生でガールフレンド。パラサイトの寄生による新一の言動の変化に戸惑うも、それでも新一のことを信じ続け、新一を精神的な面で支えていく。

深津絵里(ふかつ えり)役:田宮涼子(たみや りょうこ)

深津絵里 田宮涼子パラサイトに寄生された個体。パラサイトとしては知性が高く、「教師・田宮良子」という元々の人間に適応し、生活を続けている。新一の通う高校に新任数学教師として赴任し、半パラサイトである新一に興味を持つ。
ミギー曰く「理性的なパラサイト」であり、無用意に殺戮を行ったりはしない。探究心が深く、自身の存在、パラサイトの存在そのものについて考えるようになる。実験的な意味合いも含め、他パラサイトとの間で子供をもうけており、本来パラサイトに存在しないはずの「母性」という感情を持つようになる。

浅野忠信(あさの ただのぶ)役:後藤(ごとう)

浅野忠信 後藤田宮が作り上げたパラサイト複合体。5体のパラサイトから成る。個体毎に優劣があり、後藤はその中でも最強クラスの戦闘能力・思考力を持つ。度々田宮とは顔を合わせるも、敵でもなく、味方でもない不思議な関係を続けている。

北村一輝(きたむら かずき)役:広川剛志(ひろかわ たけし)

北村一輝 広川剛志東福山市長。人間でありながらもパラサイト的な思考を持ち、それを田宮に気に入られ、パラサイトのボス的役割を果たしている。

新井浩文(あらい ひろふみ)役:浦上(うらがみ)

新井浩文 浦上殺人鬼。パラサイトかどうか、見ただけで判別する事ができる能力を持ち、その能力を買われ、収監中の身ながらも警察の捜査に活用されている。
後に逃亡。パラサイトについては「結局自分と同じこと(虐殺)をやっているだけ」と興味を無くしていたものの、半パラサイトである新一に興味を抱き、新一へと接近していく。

映画『寄生獣』予告動画とあらすじ

映画『寄生獣』PART1の公開は2014年11月29日
あと2ヶ月あまりになり、予告動画が続々と公開されている。
最新のCG技術により、リアルに動く寄生獣ミギー
是非一度映像を見て欲しい。ミギー

映画『寄生獣』のあらすじを簡単に説明するこうだ。

ある日、地球に多数の地球外生命体がきた。
その地球外生命体は、人間の脳に寄生し、人間を思い通りに支配する能力がある。
そして人間を操りながら、次々に人間を捕食(殺人)を行う。
その中で、主人公の泉新一の寄生に失敗した通称ミギー
そのミギーと共に寄生獣たちと様々な出来事を共にしていく中で、次第に泉新一の思う命に対する価値観や死生観が変化していく。

PART2の公開はは2015年度中予定
PART1の公開前からこの注目度なら、今後もっと大きな展開になりそうだ。
まずは映画『寄生獣』PART1の公開を楽しみに待ちたい。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top