フェレット速報

Read Article

2014年10月22日オリオン座流星群時刻と方角は?数年ぶりの最高観測日和に!

2014年10月22日オリオン座流星群時刻と方角は?数年ぶりの最高観測日和に!

2014年10月のオリオン座流星群が、数年ぶりに観測条件が最高条件になります!
これは見るしかない!

オリオン座は有名な流星群であり、全流星群の中で2番目に速いスピードなので明るく、目でもよく見える流星群の一つです。
ここ数年はあまり活発な活動は見られませんでしたが、今年2014年は最高の条件が揃うので、是非見てみましょう!

観測時間と方角

オリオン座 方角2014年のオリオン座流星群の観測時刻は 『22日1時頃』
つまり22日の深夜帯になります。(21日の25時)

出現方角ですが、『明るくない方角』
どこを見ても大丈夫と言われています。
月明かりもないので、市街地などの明るい方角を避けてみましょう。

さすがに22日深夜は難しい。。。

そんな人は22日前後の空を眺めてみましょう
流星群は1日で全てが流れている訳ではなく、前後数日間は見られます。
22日深夜1時が最も活発に見られる時刻と言う事です。

オリオン座ペテルギウスは消滅している!?

冬の第三角形オリオン座は星座の中でもとても見やすい星座のひとつです。
形も分かりやすく、子供たちにも人気です。

実はオリオン座の一部、ペテルギウス(左上:オリオンの肩)が消滅している可能性があります。
冬の第三角形の一つでもあります。

消滅している可能性があるってどういうこと?
今も見られているよ?

そう思う人もいるかもしれませんが、今見ているペテルグウスは642後年前の光が届いているだけです。
光の速さで642年もかかる距離にある星の光を今みているだけです。
なのでもう爆発してこの世にない星の可能性もある訳です。

ベテルギウスの最期


2012年のオリオン座の様子

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top