フェレット速報

Read Article

まげなし力士平幕逸ノ城はかわいい怪物!強さの秘訣とは?

まげなし力士平幕逸ノ城はかわいい怪物!強さの秘訣とは?

”まげなし力士”として有名な平幕の逸ノ城(いちのじょう)関。
愛くるしい笑顔と裏腹に、積極的な相撲をとり、14年ぶりの快挙で1敗をキープし強さでも再注目されている。

そんな逸ノ城関の強さの秘訣はなんなのか?
横綱昇進の可能性は?

徹底解剖してみた!

逸ノ城のプロフィール

逸ノ城関本名:アルタンホヤグ・イチンノロブ
四股名:逸ノ城(いちのじょう)
愛称:いっちゃん
生年月日:1993年4月7日 現在21歳
出身:モンゴル
身長:192cm 師匠の湊は193cmまで伸びていると主張
体重:199kg
現在番付(2014年9月現在):東前頭10枚目

何と言っても逸ノ城関の特徴はその大きな体格だ。
192cm199kgと日本人では少ない巨体を生かした”右四つ”を得意とし、現在の快進撃を続けている。

しかし、そんな巨体とは裏腹にとても優しく謙虚な逸ノ城関
湊部屋(みなとべや)の女将いわく、昇進が決まり、『おかみさん、僕、締め込みは何色が似合いますかね?』とうれしそうに訊いてきたり、一所懸命にサインの練習をしてうまく書けず、ひとりでやけっぱちになったりしてます(笑)」と可愛い一面も持ち合わせている。


かわいい怪物逸ノ城関

そんな可愛い一面を持ち合わせている逸ノ城関だが、試合中にも可愛い一面をみせ話題となった。

これは申し合い稽古の場面だが、お互いの息が合わないときに『待った』といって仕切りなおしが行われる。
その時に逸ノ城関は必ず相手と審判にお辞儀を忘れない
これは試合中でも同じで、とにかく強いのに謙虚なのが逸ノ城関の魅力だ。

ちなみに”未来の横綱”とまで言われる逸ノ城関の苦手なものは『蛇』
あの巨体を持ってまでしても蛇が恐い。。。
そんな彼のギャップが女性人気も高めている。

強さの秘訣とは?

逸ノ城関2192cn199kgと恵まれた体型もさることながら、モンゴル人特有のバランス感覚さらに太ももが92cmという下半身の強さも持っている。
最近の取り組みを見ても、長身を生かした”はたき込み”が多く、相手力士が上から潰される形が多いです。

師匠の湊関いわく

「まだまだ差し身に気を取られ過ぎ。左上手を取ってから、『いつでも差せるぞ』という形にならないとね。立ち合いをもっと速くするのが課題かな」

と、横への動きや、力にだけ頼った取り組みの指摘をされている。

逸ノ城関は現在21歳
まだまだ若い彼がどこまで上り詰めるかが注目されている。
史上2人目の新入幕優勝へ向け現在奮闘中である。
今後の活躍が楽しみだ。

力士の象徴まげが無い理由

逸ノ城関3力士は皆まげ姿をしている。
しかし逸ノ城関はまげを作っていない。
なにか特別な理由があるのか?

っとそんな特別な理由はなく、ただ髪の長さが足りないだけのようだ。
本人は「秋巡業でやっと結える。まげを結って初めてお相撲さんになれた気分になると思うので、頑張りたいし楽しみ」と話している。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top