フェレット速報

Read Article

動画投稿サイトFC2は悪くないの?違法動画投稿は儲かる・稼げるのか?過去の逮捕事例でみる

動画投稿サイトFC2は悪くないの?違法動画投稿は儲かる・稼げるのか?過去の逮捕事例でみる

テレビ番組を無許可でFC2動画に違法投稿した男16人が一斉摘発された。
過去の事件をみても違法投稿で捕まる事案がいくつかある。

過去に逮捕されている人がいるのに、
何故投稿者が減らないのか?
それほど魅力的で稼げるのか?
過去の事件と共に調べてみた。

著作権法違反は窃盗罪より重い

窃盗今回捕まった罪状は『著作権法違反』

著作権、出版権、著作隣接権の侵害は、10年以下の懲役又は1000万円以下の罰金、著作者人格権、実演家人格権の侵害などは、5年以下の懲役又は500万円以下の罰金などが定めれれています。

ちなみに『窃盗罪』

他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。

つまり、窃盗罪より著作権法違反のほうが重たい罪になる。

しかし何故そんな簡単に違法動画投稿をしてしまうのか?
確かに、コンビニなどで商品を盗む!と考えるのと、家に居ながら投稿サイトに動画を投稿するほうが格段に楽でリスクが無いように感じる。
さらにモノを盗すまれた!という被害は目に見えるが、テレビに流れた動画(放送)をまた投稿された!などのほうが、被害者が目に見えず、罪の意識が低いように感じる。

無断投稿は稼げるのか?

罪の意識が低くなるのは確かに分かったが、今回無職の男が逮捕されている。
それほど稼げるものなのか?
過去の事案と共にみてみよう。

2013年5月28日

群馬県警は28日、わいせつ電磁的記録媒体陳列の疑いで福井県鯖江市の自営業の男(55)を逮捕した。
逮捕容疑は、自宅のパソコンで米国の動画配信サイト「FC2」にわいせつな動画3本を投稿し、少なくとも2012年9月27日から11月7日までの間、不特定多数のネット利用者が閲覧できる状態にした疑い。
県警によると、約2年前から投稿を始め、月約10万円を稼いでいた。投稿した動画は250本以上とみられる。

2013年10月8日

埼玉県警サイバー犯罪対策課は8日、著作権法違反(公衆送信権の侵害)の疑いで、福岡市博多区吉塚1丁目、自称アルバイト川下伸悟容疑者(51)を逮捕した。
逮捕容疑は昨年6~7月、テレビドラマや映画計3作品をインターネット動画投稿サイト「FC2動画」に投稿し、著作権を侵害した疑い。
同課によると、サイトは、動画の閲覧者が有料会員になると投稿者に換金可能なポイントがたまる仕組み。同容疑者はドラマなど約5千本を投稿したと供述しているといい、ポイントを換金して少なくとも約60万円を得ていたとみられる。

2014年7月3日

日本国際映画著作権協会(JIMCA)は、群馬県警察本部サイバー犯罪捜査室と高崎警察署が7月1日に動画投稿サイト「FC2動画」に映画ファイルを違法にアップロードした埼玉県の48歳男性を著作権法違反容疑で逮捕したことを明らかにした。

2014年9月24日

録画したテレビドラマを無断で動画サイト「FC2」にアップロードしたとして、群馬、栃木両県警は24日、静岡県三島市大宮町3の無職の男を著作権法違反容疑で逮捕した。群馬県警によると、男の口座には少なくとも約1000万円の入金が確認された。「生活費を稼ぎたかった」と容疑を認めているという。

結構逮捕者がでています。
何年か前から警察がサイバー対策に本腰を要れ違法アップロード者の逮捕に踏み切っています。

今回の事件の犯人の供述によると、

「これまでに4000件以上の動画を投稿した」「300万円稼いだ。生活費が欲しかった」

4000件の違法投稿でたったの300万円?
逮捕者の供述では月に10万円稼ぐ人や、1,000万円以上稼ぐ人もいる。
稼げるかはまちまちだが、生活はやっていけるくらいの稼ぎになるのかもしれない。


投稿者は逮捕されてFC2動画にはお咎めなし?

FC2今回の逮捕者は『FC2動画』という、動画投稿サイトに違法投稿したことが逮捕のきっかけになっている。
しかし、違法投稿を見逃したFC2動画は悪くないのか?
そこにはこんなカラクリがあった。

プロバイダ責任制限法

プロバイダ責任制限法とは、簡単に言うと

運営側(FC2動画の運営者側)は投稿された動画を全てチェックすることは出来ない。
しかも、違法投稿を削除、又は防ぐシステムを作ることもできない。
だから運営側は何も悪くない

ということだ。
それでいいのか。。。と思うかも知れないが、1日に何百何千と投稿される動画全てをチェックするのには何日もかかる。
この”プロバイダ責任制限法”は日本の法律だが、海外にも似たような法律がある。

ちないにFC2動画だけに関わらず、youtubeやニコニコ動画にも同様の法律が適用される。

違法投稿をやめようとすると逮捕される!?

ここからは、あくまでの話として聞いてほしい。

実は動画投稿サイト側も違法投稿は気付いている。
しかし、それをいちいち取り締まってはサイト側の利益が出なくなる。
だから放置はする。(むしろ手助けする?)
だけど、違法投稿者が手を引こうとしたら警察に通報する。
そうなると違法投稿者は、違法投稿を続けるしかなくなる。

というジレンマがあるという噂だ。
あながち嘘にも聞こえないのが恐い。
実態はどうか分からないが、違法投稿がなくなることはないだろう。
今後もイタチゴッコが続きそうだ。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top