フェレット速報

Read Article

敷金・礼金0物件のデメリット注意点は?元不動産屋が落とし穴カラクリを解説

敷金・礼金0物件のデメリット注意点は?元不動産屋が落とし穴カラクリを解説

敷金・礼金0円物件(通称:ゼロゼロ物件)はとても人気があります。
なんと言っても初期投資が抑えられるので、引越しを考えている人はまず気になる所です。

しかし、そんな美味しい話がある訳もなく、もちろんカラクリがあります。
さらに初期投資は抑えられても、実際は多くの金額を支出することになるので注意が必要です。

そんな敷金・礼金0円物件のカラクリを詳しく解説します。
不動産屋が教えてくれないデメリットも解説しますので、引越しを考えている人は是非参考にしてみてください。

実質0円じゃない!敷礼0物件の注意点

敷金・礼金0円物件と聞けば、実際に払うお金が『家賃だけだと考える人がいますが、そんなことありません。
一例になりますが、実際にこれだけかかることもあります。
・入会金
・会費
・かぎ交換費用
・クリーニング費用
・違約金

通常の賃貸契約ではかからない費用や、家主が負担することが多い『かぎ交換費用』なども自己負担になることが多いです。
もちろん前の住人のかぎと同じままでいいと考えるなら別ですが。。。
かぎ交換費用は大体1万円前後でできます。

クリーニング費用とは退去時に部屋を綺麗にする、名前通りの費用ですが、実はこれ敷金』のことです。
『敷金』は通常クリーニング費用に当てられることが多いので、結局同じお金がかかります。

結局初期費用を抑えようとしても、なんだかんだ支出が多くなってしまうのが”敷金・礼金0円物件”です。

敷金・礼金0円物件がある理由は?

じゃあそもそもなぜ敷金・礼金0円物件があるのか?
もちろん釣り(騙す)為のものではなく、しっかりとした理由があります。

理由その①借り手がみつからない物件

”敷金・礼金0円!初期費用不要”などの宣伝でもない限り、借り手がみつからないような物件に多く見られます。
通常の営業だけでは空室が続いてしまうので、初期投資を抑えて借りたい人向けに方向転換した物件。

理由その②通常契約できない人向けの物件

通常の賃貸契約では審査が通らない人向けの物件の場合もあります。
簡単に言うと、お水系や風俗系のお仕事をされている人が多いですね。

夜のお仕事をされている人に対して、厳しい審査基準がある不動産業者はありますので、そうなるとお金はあるのに借りられない状況になります。そんな時に、審査のゆるい”敷金・礼金0円物件”の登場です。

理由その③家賃が相場より高く設定できる

家賃を相場より高く設定している。
この場合が圧倒的に多いですが、初期投資は抑えられても、通年で考えると通常の契約より多くのお金を失っている場合が多いです。
ではなぜそれでも借りてはいるのか?
それは理由②でも説明したように、通常借りられないような人が借りられるからです。

なぜ通常の契約が出来ないかというと、一つは移り変わりの激しい仕事なので、家賃滞納の心配があるからです。
なので家賃を相場より高くしても、審査が通る物件に集まりやすくなります。

理由その④保証会社への加入が必須

保証会社とは、家賃の滞納などをしたときに代わりに支払いをする会社のことです。
代わりに支払うといっても、実質は会社が払っているのではなく借主が支払っているお金です。

審査が低く設定されているので、家賃の滞納が多い住人が多くなっているのも事実です。
その為に保証会社への加入が必須とされている物件がほとんどです。

それでも借りたいゼロゼロ物件

ゼロゼロ物件2あまり良い印象を与えていませんが、審査基準が低く借りやすい初期費用を抑えられることには変わりないので、便利な人にはとても便利な物件になっていることは間違いありません。
短期入居を考えている人は通常の賃貸契約じゃなく、ゼロゼロ物件のほうがお得になることもあります。

なにより自分にあった物件を探すことが重要になります。
不動産業者のうたい文句に惑わされることなく、冷静に判断できるようにしましょう。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top