フェレット速報

Read Article

移動式スピード違反取り締まり装置(オービス)の性能は?埼玉県川口市で試験導入いつから?

移動式スピード違反取り締まり装置(オービス)の性能は?埼玉県川口市で試験導入いつから?

生活道路での車のスピード違反や事故が問題視されていますが、警視庁が車のスピード違反を取り締まるために、『移動式自動取締り装置』試験導入することが報道されていいます。

試験導入ということですが、導入先が埼玉県
とりあえず実験台にされてる埼玉県ですが、その後全国に展開するのでしょうか?
なぜ大都会の東京はなく、隣の埼玉県なのか?

車に乗る人には大きなニュースです。
もちろん常に周りを注意し、速度を守ることが前提ではなりますが。。。ねぇ(笑)

移動式オービスの性能は?

移動式オービス2今回試験導入される移動式のオービスは、150m先の車のスピード・ナンバー・運転手の顔を認識できるとされています。
さらに、コンパクト化されているので、主要道路などの大きな道路以外でも取り締まりできるようになっています。

音やライト・通行人に注意する固定式

今までの大型の機械の固定式だけでなく、コンパクトタイプの固定式も発表されています。
音やライトで速度違反を取り締まり、さらに歩行者などにスピーカーで注意を促す機能も搭載されています。

移動三脚式タイプ

三脚で持ち運びが出来るタイプのオービス
通学路やスピードが出しやすい見晴らしの良い道路でも設置が可能。

移動式小型タイプ

車輪がついていて、移動式のタイプのオービス
装置の上げ下げは手動で、小さなスペースで設置可能なので、今までに設置できなかった生活道路などの狭い路地でも取締りができるようになっています。

11月4日から約2ヶ月試験的に運用

来月4日から1ヶ月~2ヶ月の試験運用を予定されています。
時間や場所などを固定しないことにより、常に意識させることを目的とされています。

試験運用されるのは埼玉県川口市
なぜ東京ではなく埼玉県なのか?
さらになぜ川口市なのか?

スピード違反の検挙者数は年間250万人以上。
免許所得者の2人に1人は一度スピード違反で捕まっていることになります。
これほど多いスピード違反の取り締まりにい大きく影響するのだろうか?

スピード違反は道路交通法違反、6ヶ月以下の懲役、もしくは10万円以下の刑罰が問われます。
点数はスピード超過により異なりますが、
一般道で30km以上の速度超過
高速道路で40km以上の速度超過で、違反点数6点となります。
今までどんなに安全運転していても、一発免停が待っています。

全国運用は2015年から?

試験的に運用とされているが、効果や住民の反応、検挙率をみて全国運用するかを検討としているが、ここまでお金をかけて試験運用だけで終わらせるはずもない。
スピード違反を取り締まるのが目的なのか
スピード違反をさせないのが目的なのか?

オービスの探知機も今は色々あります。
警察は捕まえるのを目的とし、ドライバーは捕まらないことを目的としている。

交通違反をさせないことや、事故を起こさせないことを目的とするもののはずなのに。。。
いたちごっこになっているが、今回の移動式オービスで終焉するのか?
それとも、オービス探知機がまた性能を上げて発売され、さらに移動式の場所を知りえる情報が流れるのか。

とにかく試験運用は2ヶ月とされているので、その結果を見届けるしかない。
川口市の方々には注意を促したい。もちろん全国の人も交通違反に注意を。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top