フェレット速報

Read Article

2014年11月5日後の十三夜が171年ぶり!奇跡の月の観測時間を間違えるな!

2014年11月5日後の十三夜が171年ぶり!奇跡の月の観測時間を間違えるな!

2014年の主な月の観測は
9月8日 中秋の名月
9月9日 スーパームーン
10月6日 十三夜(栗名月)
10月8日 皆既月食
そして、今回最大の天体が 11月5日 後(のち)の十三夜

一体なにがそれほどまでに凄いのか?
中秋の名月とか皆既月食は聞いたことあるけど、”後の十三夜”なんて聞いたことないぞ?

それもそのはず、なんと後の十三夜”が出現するのが171年ぶりだ。
一生に一度見れるか見られないかの天体観測なのだ!
これを逃したら次はいつになるのか。。。
必ず見届けたい!


後の十三夜ってなに?

十三夜はなんとなく聞いたことあるけど、”後の”ってついてるってことは違う意味だよね?

そもそも月の満ち欠けを基準とする旧暦のひと月は29日もしくは30日。1年が約354日
しかし、太陽1年は約365日

どちらか一方を基準にしては、少しずつ季節にズレが生じてしまう
そこで、約3年に一度「閏月(うるうづき)」を挿入して調整するのが旧暦の仕組みだ。

ここまでは何となくでもいいので理解してほしい(笑)
そしてここから、少し複雑な話になるが、今年2014年は閏月がある年だ。

9月のあとに「閏9月」が入るため、暦の上では9月13日が2回となる。
つまり十三夜も2回出現するというわけです。
なので、2回目の十三夜のことを「後の十三夜と言います。

分かりましたか?
簡単に言うと、とても珍しい年なのです(笑)

後の十三夜を確実に観測をするには?

後の十三夜2-min171年ぶりの奇跡の月を見逃してはいけないが、月は『流星群(流れ星)』などと違い、長い時間目視することができるので、そこまで気にする必要もないかもしれないが、そこは奇跡の月と言われる位なので確認しておこう。

月の出:11月5日 15時40分
月の入:11月6日 3時53分

天候などにより観測状況は左右されるが、ほぼ一晩中見ることが出来ます。

ちなみに前回、後の十三夜があったのは一八四三(天保十四)年。
今世紀はもう二度と見られない。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top