フェレット速報

Read Article

フェレットの爪切りを一人で安全に簡単にする方法

フェレットの爪切りを一人で安全に簡単にする方法

フェレットを飼い始めたら、身の回りのケアは飼い主が全て行うことになります。
その中で私自身が一番手こずった爪切りについて紹介したいと思います。

ペットショップの店員には『フェレットの爪切りは2人1組で行ってください。』と教えられました。
実際に実演してくれたのですが、『一人暮らしで毎回誰かを爪切りの為に呼べない。。。笑』と言うことで、一人で爪を安全に簡単に切れる方法を考えました。

ちなみに、フェレットの爪切り周期は、前足1週間に1回後ろ足は2週間に1回と言われています。

こちらも一緒にご覧ください↓
フェレット関連記事特集

準備するもの

フェレットの爪霧に必要なモノはたった2つ

①爪切り(小動物用)
②フェレットバイト

①の爪切りは小動物用のものを準備しましょう。
人間の爪きりでは形も大きさもあわないので、ペットショップではウサギ用の所にあるものでも代用可能です。

②フェレットバイトとは、食欲不振の時や、ご褒美にあげる高カロリーな栄養剤です。
フェレットがわき目も振らず飛んでくるほど夢中になるものです。

以上の2点だけで一人で爪切りができます。

爪切りの方法

写真-minやり方はとても簡単。
まず、自分の手にバイトを塗ります
塗る場所は、親指と人差し指の付け根くらい。
写真の場所に塗ると爪切りをしやすくなります。

左手にバイトを付けると、フェレットの右足の爪を前足・後ろ足を切ります。
右手にバイトを付けると、フェレットの左足の爪を前足・後ろ足を切ります。

このように2回に分けて爪切りをしましょう。
決して1度に全部切ろうとしないで、安全に行えるようにしましょう。

爪切りの注意点

フェレット 爪-min1人でも2人でも一緒ですが、フェレットの爪きりには注意点があります。
それは、爪に通っている血管を傷つけることです。

人間の爪とは違い、フェレットの爪には血管が通っています。

この血管も爪と一緒に切ってしまうことがあります。
どんなに気をつけても暴れることがあるので、一度は経験があるのではないでしょうか。

そんな時には慌てずに対処しましょう。
そこまで深くなければ、消毒をしておけばその内血は止まります

大量に血が出てしまった時はすぐに動物病院に連れて行きます。

そこまでではないけど。。。と思うなら、マッチを使いましょう。
マッチに火をつけ、消します。
まだマッチが熱いうちに傷口に押し当てます。
そして傷口をふさぐことをしましょう。

少し強引な方法のように聞こえますが、ペットショップや動物病院で教えている方法なので、知識として覚えておきましょう。

以上が”一人でフェレットの爪を安全に簡単に切る方法”です。
いかがでしたか?この方法で私は何年もフェレットの爪を安全に切っています。
是非参考にしてみてください。

こちらも一緒にご覧ください↓
フェレット関連記事特集

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top