フェレット速報

Read Article

コストコの4Kテレビプロメテウスを実際に買ってみた評価とレビュー

コストコの4Kテレビプロメテウスを実際に買ってみた評価とレビュー

いきなりですが最近テレビが壊れてしまった ずっと愛用していた東芝43インチのテレビが写らなくなりました。 ここ最近電源が入るときと入らないときがあったのでおかしい挙動はあったのですが、まさかそのまま壊れてしまうとは… 調べてみたら引越し転倒などによる衝撃によって、電気基盤が破損している可能性があると 自分で直すには危ないので修理が必要 でも修理費のほうが高くつくから新しいの買ったほうが安いよ☆ との調査結果が笑 だったらいっそもっと大きいテレビを買ってやる!! そして今話題の4Kテレビにしてやる!! と思い立ちさっそく色々調べてみたところ…

ドン・キホーテの4Kテレビは安いが性能はよくない?

4Kテレビといえば何十万もする高価な買い物の印象があったが、 少し前にドン・キホーテの4Kテレビが安くて話題になったじゃないか! と思い出し早速ドン・キホーテのテレビを調べてみることに。 「ドンキ4k テレビ」の画像検索結果

50V型 ■型番:LE-5001TS4KH-BK ■液晶パネルサイズ:50V型(16:9) ■電源:AC100V (50/60Hz) ■定格消費電力(約):164W (待機時消費電力0.5W) ※待機時消費電力はリモコン電源オフ時 ■年間消費電力量(約):135kWh/年 (最大値) ※1日4.5Hの動作時間/1日19.5Hの待機時間で算出した、1年間に使用する電力量 ■画像有効寸法(約):幅109.3×高さ61.2×対角126.0(cm) ■画素数:水平3,840×垂直2,160 ■視野角:178°×178° ■輝度:500±10%cd/㎡ ■コントラスト比:5000:1 ■応答速度:9.5ms ■バックライト:直下型LEDバックライト ■スピーカー:1WAY内蔵ステレオ ■音声実用最大出力:総合20W (10W×2) ■受信可能放送:地上デジタル、BS・110度CSデジタル ※地上デジタルVHF(1~12ch)、UHF(13~62ch)、CATV(C13~C63)パススルー対応 ■接続端子: 地上デジタル入力端子×1 BS・110度CSデジタル入力端子×1 HDMI端子×3 ※HDMI1:ARC対応 HDMI2:CEC対応 HDMI3:4K対応 (HDMI1:1.4a、HDMI2:1.3、HDMI3:2.0) AV入力端子 (RCAピン)×1 ヘッドホン / イヤホン出力端子×1 光デジタル音声出力端子×1 LAN端子 (RJ45、for data broadcasting only)×1 USB端子 (録画専用)×1 ■外付HDD録画機能:ダブルチューナー裏番組録画対応 ※対応HDD容量は最大4TB ■壁掛け取付サイズ:縦20×横40(cm)(VESA規格) ■製品サイズ(約): スタンドあり / 横幅112.5×高さ70.5×奥行24.4(cm) スタンドなし / 横幅112.5×高さ65.5×奥行8.6(cm) ■本体質量(約): スタンドあり / 11.92kg スタンドなし / 11.78kg ■コードの長さ(約):1.5m ■付属品:スタンド×2、リモコン、リモコン用電池×2、スタンド用ネジ×6、miniB-CASカード、取扱説明書、保証書 ■生産国:中国   引用:http://www.donki.com/j-kakaku/product/detail.php?item=2571

ん~良いのか悪いのか全く分からない汗 スペックを見ても『ジェネリックREGZA』と言われている基盤を採用していることから、悪くはないように思えるが、一体何がいけないのだろうか? 4Kテレビで50型5万円台なら相当優秀なのではないか? と思っていたが、調べていくに連れて衝撃の事実が!? 発売当初のテレビと今発売されているテレビは別物!? そもそも発売当初のテレビは初代と言われていて、今現在2018年発売されているのは4代目とされている。 まぁそりゃ発売してから年月が経つにつれて改良はされていくのか。 と思っていたが、初代はから色々と改良がされてきてはいるが、実は一番良かったのは2代目と言われている。 初代で評判の悪かったバックライトなどの色彩や音質の改善した2代目 そして3代目以降は値段を抑える為に。。。となっていってるようだ。 もちろん遣う人によってはそれでも満足な人も多いと思うが(何より安い!)、どうせ買うならちゃんとしたものが欲しい!! と思う人も多いのではないだろうか。


ハイセンスの4Kテレビは横からみると白くて見えない?

そんな中見つけたのがハイセンスの4Kテレビだ。 55型で大きく、値段もドンキより少し高いがそれでも5万円台と破格の安さだ!! しかしやっぱり安いと欠点はあるようだ。 まずはスペックから見ていこう。

型番 HJ50N3000 JANコード 4580341982693 本体色 前面:ヘアラインブラック 背面:マットブラック 消費電力 150W 待機電力(リモコンでの電源OFF時) 0.5W 年間消費電力(標準設定時)※1 115kWh 省エネ基準達成率(目標年度2012年度) 187% 液晶機能 画面寸法 109.6×61.6 cm バックライト 直下型LED 画素数 3840×2160 パネルコントラスト比 4000:1 視野角(上下/左右)(CR値>10) 178°/ 178° 応答速度 8ms ローカルディミング 倍速駆動 SMR技術 チューナー チューナー 地上デジタル×2/BS・110°CSデジタル×2 受信可能チャンネル 地上デジタル UHF、CATV(CATVパススルー方式)、000-999 ビデオ機能 D5入力 480i/480p/720p/1080i/1080p HDMI入力(1080p対応) 480i/480p/720p/1080i/1080p HDMI 4K入力対応 3840×2160/24Hz、3840×2160/25Hz、3840×2160/30Hz、3840×2160/50Hz、3840×2160/60Hz スピーカー 構成 内臓ステレオ1ウェイ 脱着 不可 音声機能 出力 10W×2 音声多重 あり サラウンド あり 入出力端子 アンテナ端子 地上デジタル/BS・110°CSデジタルアンテナ入力各1 映像入力 コンポジットビデオ入力端子(RCAピン)×1 D5入力端子×1 HDMI入力端子×3(ARC、MHL、CEC機能対応) 音声入力 ステレオ入力端子(ステレオRCAピン)×1 音声入力端子(ステレオRCAピン)×1(D5用) HDMI入力端子×3(映像入力と一体) 音声出力 光デジタル音声出力端子×1 ステレオヘッドホン出力端子(ステレオミニジャック)×1 外付けUSBハードディスク接続 USB2.0端子×1、USB3.0端子×2 デジタル放送関連 EPG(番組表、当日含めて8日分)/データ放送/字幕放送 双方向(データ放送)サービス・イーサネット(RJ-45端子)×1 B-CASミニカードスロット×1 録画/再生機能関連 【外付けUSBハードディスク(別売)接続時】 録画機能【クイックタイマー録画(裏録画)/番組表からの録画/マニュアル録画(時間指定録画)】 再生機能(再生/早送り再生/早戻し再生/追いかけ再生) 編集機能(タイトル設定)、写真、ビデオ、音楽再生機能 赤外線リモコン 専用リモコンEN3M39 壁掛け対応 あり【VESA:200×200】 付属品 取扱説明書、クイックスタートガイド、保証書、AC(電源)ケーブル、リモコン、転倒防止ひも、単4乾電池(2本)、台座、ミニ B-CAS カード(レッド) 本体寸法 (幅×高さ×奥行) スタンド含む 112.9×71.9×25.6 cm スタンド含まない 112.9×65.4×8.4 cm 本体質量 スタンド含む 13.6kg スタンド含まない 13.3kg  引用:https://www.hisense.co.jp/tvs/4k_ultra/hj50n3000/

ん~やっぱり分からない汗 ドンキのテレビと大差が無いように思えるが、評判は良くない。 横から見たときに画面が白っぽくなってしまうようだ。 実際に近くの大型家電屋に行ってみてこないと分からない! そんな訳で実際に見に行ってみたが。。。 やっぱり白かったです笑 他のメーカーのテレビは横からみてもはっきり画面が確認できるが、 のメーカーのテレビは白くなっていてお世辞にも見れたものじゃない汗 これではいくら4Kで大型で安くても意味がないじゃないか。 スペックだけ見ても分からないことが実際にはあるんだなと勉強になり、 そしてついに運命の出会いを果たすのです!!!

ユニーク社のプロメテウス4K55型テレビ54,800万円

安い4Kテレビはやっぱり欠点があることが分かり、だんだんと諦めムードになっていたが、ふと立ち寄ったコストコで運命の出会いを果たすのです!! それが、ユニーク社から発売の4Kテレビプロメテウス55型のテレビ! PROMETHEUS

型番 UTV55U5 JANコード 4580207546779 種類 液晶デジタルハイビジョンテレビ サイズ(W.H.D) 1242.9×810.9×263.4mm 本体重量 14.32kg 梱包サイズ 1337×847×146mm 総重量 18.7kg 壁掛け金具ネジ穴寸法 (VESA規格 対応) 300mm×200mm 本体側固定用ネジ:PM6×28mm(本体付属) パネル バックライト 直下型LEDバックライト 駆動方法 IPS 画素数 3840(H)×2160(V) 応答速度 9ms Gray to gray(BW) 視野角(最小値) 左右約178°(TYP) / 上下約178°(TYP) 輝度(最大値) 320cd/㎡(Min)/340cd/㎡(Typ) コントラスト比(標準値) 1100:1 チューナー チューナー数 ×2 地上波デジタル 地上デジタル:UHF(13~62ch) CATVパススルー(VHF、UHF)対応共有 BSデジタル BSデジタル:BS000~BS999 110°CS デジタル 110度CSデジタル:CS000~CS999 入力・出力端子 ビデオ入力 映像:1V(p-p)、75Ω、負荷期音声:500mV(rms)、 22kΩ以上(インピーダンス) HDMI端子数 入力×4 HDMI入力 HDMI Ver.2.0標準規格 HDMI対応入力解像度 480i、480p、720/60p、1080/60i、1080/24P、 1080/30P、1080/60P、 4K 24Hz/30Hz/60Hz ヘッドホン出力 ヘッドホン端子には3極の口径3.5mm ステレオミニジャックをつないでください、適合インピーダンス 32Ω~ PC入力 – USB(録画専用)端子×1 録画用外付けHDD専用×2 HDD録画機能 留守録対応、番組表から録画予約可能(最大録画予約件数64)、 最大録画番組数3000(160G以上、最大4TBまでの外付けHDD対応、 本機はUSB2.0規格に対応しています)、日時指定予約機能、 放送時間連動機能、レジューム再生、追っかけ再生、 頭出し再生、 ワンタッチスキップ機能、HDD省エネ設定機能 光デジタル音声 出力端子 ×1 LAN端子 ×1 使用条件 温度 0℃~40℃/-20℃~45℃ 湿度 20%~80%RH/10%RH(結露のないこと) 高度 0~2,000m/0~3,790m 消費電力 消費電力(待機電力) 144W(0.5W) 省エネ基準達成率 123% 年間消費電力 202kWh/年 音声出力(スピーカー) 10W+10W データ放送 双方向データ放送(BML)対応 番組表 電子番組表(EPG)対応:7チャンネル6時間分表示、 8日分受信、視聴予約可能、 双方向データ放送(BML)対応BSデジタル:BS000~BS999 付属品 リモコン、リモコン用単4乾電池×2個(テスト用) B-CASカード×1枚 B-CASカード紛失防止ホルダー×1個 B-CASカード紛失防止ホルダー固定用ネジ×1個 スタンドベース×2個 スタンドベース固定ネジ×4個 取扱説明書・保証書×1部 電源ケーブル×1本  引用:http://www.uniqstyle.co.jp/news/release/20180725.html

実際にコストコの店頭に並んでいるものを見たのですが、 ドンキ4Kみたいに音がこもっていなく ハイセンス4Kみたいに横からみても白っぽくならない まさにこれは!!とすぐに飛びつきました! 他にもコストコは色んな種類のテレビを発売していますが、LGやハイセンスなどもあったが、やっぱり値段がずば抜けて安い! そして何より実際に店頭で見ることができたのが大きい! 迷うことなく即決したのですが。。。 プロメテウスのレビューや評価が全くない! 出会ったときはテンションが上がっていたので、ろくに調べずに買ったのですが、 家に戻ってから念のためレビューを調べてみることに。 しかし、全くレビューや評価、買ったという人すらいないじゃないか!? 確かに買ったときは発売から2日しかたっていなかったが、そこから1週間、2週間と時間を空けてみても全く情報がヒットしない。。。 これは何かやってしまったか!? と思ったのですが、結局使っていて不満はそれほどないので気にしないことにしました笑 そんな訳で、やっと本題の実際に使ってみて分かったプロメテウスのレビューと評価がこちら!

プロメテウス君起動遅くない?笑

電源を入れてから画面がうつるまでの時間が15秒とかかります。 最初は壊れた!?と思ったのですが、起動が遅い使用のようです。 なので帰ってきてテレビをつけて、、、15秒たってからやっとテレビが見られます笑 そしてチャンネルを変えるのにも時間がかかる。 安いテレビ全般に言えるかも知れないが、処理能力が遅いので起動に時間がかかるもよう。 これはもう慣れるしかない。 それ以外はほとんど不満はない!   と言いたいが、他にも不満点はある。 画質を自分の好みに合わせられると書いてあるが、 はっきり言って白色が飛んで明るすぎる汗 ハイセンスのように全体が真っ白で見えないという意味ではなく、画面上に白色が表示されるときにときに画面全体が明るくなってしまうのだ。 これはテレビを見る上で致命的なのではないだろうか。。。 色々設定をいじってみたが良く分からない。 これは自分のせいなのだろうか。。。 結局画面全体を暗くして白色が主張しすぎないようにしてみた。 最初は画面が暗くて見づらかったが、今は慣れて白色も気にならなくなった。 結局の所、安いのには何かしら理由があり、高いものはそれなりの性能がある。 実際に見てみて、自分なりに我慢・納得ができるのであれば激安4Kテレビは間違いなく買いだ! なにより大きいテレビを家に置けるのは、それだけでオシャレに見える笑 実際2ヶ月以上使ってみての感想としては、 値段の割りに頑張ってくれているのではないだろうか。 おおむね満足している。 プロメテウスはコストコ限定の商品なので、会員じゃないと見ることができないが、 友達に会員の人がいればついていくだけでも大丈夫なので、是非一度実際に見てみることをオススメする。 しかし店頭にあるものの電源を切ったり入れたりできないのが難点だが。。。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top