フェレット速報

Read Article

洗濯パン簡単おしゃれなDIY100均フル活用画像あり

洗濯パン簡単おしゃれなDIY100均フル活用画像あり

新しくドラム式洗濯機を買って満足しているのですが、
洗濯機自体はおしゃれでも洗濯パンが見えておしゃれじゃない。。。
これを何とかするには自分でDIYをする必要がある!!

もちろんDIYが面倒な人向けに商品が出ていますが、
こんな感じの

 

値段は高いしサイズが合わなかったりと、それを探すのも面倒なので
だったら、自分で好きなように作ったほうが気持ちよくない?

画像を載せながら解説していくのでDIY初心者でも分かりやすく再現性を高くしています。

また、洗濯パンを覆うことで埃が入らなくなり掃除が楽になります。
隙間に物を落とすこともなくなるしね。

それではさっそくスタート!!

①洗濯パンの寸法を測る

まずは洗濯パンの寸法を測ります。

高さ・横・奥行き

だけではなく、洗濯機の足場も計算しておきましょう。
足場がせり上がっているタイプなのか、フラットなタイプなのかによって作り方が変わってきます。

私の家の洗濯パンは足場がせり上がっているタイプ
そして洗濯機の足場の部分がへこんでいるめんどくさいタイプ。。。
へこんでいる分、他と高さを合わせる必要があるので、その分の厚みも計算します。

。。。が面倒なので、足場の手前までの作りこみにしますw
完ぺき主義の人はちゃんとやったほうがいいと思いますが、
ドラム式はめちゃくちゃ重たいのと、覗き込まないと見えないよね?って事でそこには手間をかけませんw
楽チンにDIYできることが一番のモチベーションになります!

※フラットタイプの洗濯パンの人は、高さ、横、奥行きのみで大丈夫です。

②完成をイメージしておく

寸法が測れたら、実際の完成図をイメージしてみてください。
高級な大理石風にするのか
木目を生かしたカントリー調にするのか
白黒のモノトーンにするのか

洗面所の床の色や壁の色、小物や全体のインテリアの雰囲気に合わせて作るのがいいと思います。
私は、真っ白の主張を抑えたタイプにします。
床が白で壁も白、可動式の棚も作っているのですがその板も白
洗濯機の扉が黒のガラスなので、そこが主張されてかっこよくなればなと思います!

③材料を買出しに行きましょう

寸法も測り、完成イメージができたらついに買出しです。
寸法によりますが、ほとんどの場合100均のみで済みます。
※材料を木材にするなどの場合はホームセンターでカットしてもらったほうが綺麗にできます。

一番簡単なのはダイソーなどどこの100均にもある工作発泡スチロールで作る方法です。
これならリメイクシートを張るだけで、大理石やカントリー調など思い通りです。

ただ今回は木材を使った真っ白なイメージなのでまずはホームセンターで手ごろな木材を探しに行きます。
※工作発泡スチロールで作る人は「100均で買出し」まで飛びましょう。

ホームセンターで木材の買出し

 

ホームセンターはどこでも大丈夫なので、近所の一番近いところに行きましょう。
ホームセンターには様々な種類の木材が売っているので、どれを買ったら良いか分からなくなるかもしれませんが、
薄くて大きい木材を買っておけば大丈夫です。
ベニヤ板・集成材にも実は種類がありますが、今回は普通のベニヤ板を使います。
細かい種類は無視しちゃってください。

そのまま寸法に合わせてカットしてもらいます。
【重要】
この時に重要なのは、木材の厚み分の寸法を間違えないようにしてください。
たとえば写真の木材だと厚みは 2.5mm
縦の寸法が 120mmなので 120mm(実際の寸法)- 2.5mm(木材の厚み)=117.5mmが縦の木材の寸法になります。
今回は薄いタイプの木材を使っているのでほとんど誤差の範疇ですが、もっと頑丈な木材だと厚みが増しているので注意が必要です。

ホームセンターにもよりますが、大体1カット50円くらいでできると思います。
※薄い木材なので普通のカッターでも切れますが、曲がったりごみが出たりケガのリスクもあるので、
安いのでカットしてもらったほうが楽チンです。
こんな感じになりました。

100均で材料の買出し

100均はどこでも大丈夫ですが、今回はダイソーですべて揃えてみます。

1・工作発泡スチロール
2・リメイクシート
3・カッターもしくは発泡スチロールカッター

※工作発泡スチロールの人はカッターで切り込みを入れるだけで簡単にカットできます。
発泡スチロールカッターも100均にあるので合わせて買うと楽です。

木材で作る人は

1・ボンド
2・ペンキ
3・ヤスリ 質感を大切にするなら

以上になります。

④実際に組み立ててみよう

まずは仮止めで組み立ててみます。
最初から組み立ててもいいのですが、寸法が少し間違っているだけでも建てつけが悪くなります。
なるべく仮止めで実際の洗濯パンに設置してみることをオススメします。

こんな感じになりました。

側面は排水ホースが邪魔だったので、木材をカッターでカットしました。
発泡スチロールの人も同じになります。

ではここから装飾していきましょう。
発泡スチロールの人は仮止めの上からリメイクシートを貼っていけば完成です。

木材の人はペンキ塗りがあるので、広い場所に移動します。
100均のペンキでも十分な発色がありますが、
もっとオシャレな色にしたい人は少し値段はしますが、おしゃれなこちらがオススメです。

 

汚れないように下にシートを敷いて。。。
質感やペンキの乗りがよくなるようにヤスリをかけてもいいです。
塗ったら半日以上は放置しましょう。
2度塗りしたほうが色が綺麗になるので、乾いたら再度塗り塗りします。
ペンキが確実に乾いたらボンドで接着をしていきます。

⑥色塗り後接着

完全にペンキが乾ききったら、再度仮止めしてください。
ほとんどありませんが、ペンキによって厚みが変わったり、
木材にゆがみが生じている可能性もあります。
多少ずれてしまった場合は、その部分をヤスリがけしていきます。
そしてまた色を塗ります。

ペンキ塗った後仮組み立てするとこんな感じになったので、
そこから接合面に木工用ボンドを塗っていきます。
断面にもしっかりボンドをいきわたらせます。

乾いたら透明になりますが、接合面は黒く見えてしまうので、ボンドの上にペンキを塗るのをオススメします。

⑦完成!!

そしてついに完成です!
びふぉーあふたー
なんということでしょう。
無機質な洗面所がオシャレな洗面所にはや代わりです。

実際の作業にかかった時間は。。。1日半
ペンキの乾かしで1日かかってしまったので、実際は買出しと組み立てだけで半日もあれば出来ちゃいます。

寸法測ったり買出ししたり組み立てたり。。。これだけを面倒だと思ったら他のDIYも何も出来ませんw
初歩の初歩DIYなのでまずは簡単なところからスタートしてみたら案外楽しいと思います。
暇な時間や休みの日に黙々と作業をするのは気分転換にもなるのでオススメです。

他にも色々DIYをしているのですが、記事にするつもりがなかったので完成画像しかありませんw
要望があれば作り方なども記事にしていきますので、お気軽にコメントください。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top