フェレット速報

Read Article

イチロー遊びレーザービームで敵地を驚かせる。【速報】

イチロー遊びレーザービームで敵地を驚かせる。【速報】

4月の7日に行われたヤンキース対ブルージェイズ戦
8番・右翼で出場したイチローは”遊び”レーザービームで敵地のファンを魅了した。
一体なにが遊びだったのか?
イチローはもう知らない人はいないだろう。
プロフィール紹介は割愛させていただく。

意味の無いレーザービーム?

レーザービーム今回話題になっているのがイチローが放った”遊び”レーザービーム
それは今回のヤンキース対ブルージェイズ戦6回守備の時に起きた。

2アウト1塁の場面でライトフライに放たれたヒットを処理したイチローは、誰も予想できなかった強肩でいきなり3塁へレーザービームを放った!
その送球はダイレクトに3塁手のグローブに収まったそのプレーを見たスタンドの観客から驚きの声が上がるほどだ。
残念ながら動画はまだ入ってきていないが、ブルージェイズびいきの中継局がリプレーを流すほどの驚きだったようだ。

試合後イチローは今回のプレーに対してこうこたえている。

「遊んでるだけです。(走者が三塁へ)行かないのわかってるし。あっちょっと高く行っちゃったな、ぐらいの感じだから」。

本人が遊びというプレーが球場全体を驚かせるプレーになっているのは本当に凄い。。。
この”遊び”という言葉をつかった理由を

「僕にとっては特別なプレーではないから。人がどう思うかっていうのは、要は、自分の感覚よりもいいプレーが出たときにそういうこと(どよめきなどの反応)が起こるのは当然だと思うけど、僕の中では全部、範囲内。だから、遊べる。自分の力以上のものが出る人は遊べないから」

もうなんだろう。。。言葉がでてこない。。。
”遊び”で行ったプレーで敵地を驚かせるプレーをしているイチロー選手は凄い。
しかしプレー自体が凄いだけでなく、イチロー選手の「自分の感覚よりもいいプレーが出たときにそういうこと(どよめきなどの反応)が起こるのは当然だと思うけど、僕の中では全部、範囲内。だから、遊べる。自分の力以上のものが出る人は遊べないから」という自己分析の素晴らしさだ。


範囲内当然試合中に遊びなど普通の人が簡単に口にできないことをスラスラと言葉にしている。
まさにプレーだけでなく、精神面も超一流のイチロー選手だ。
今回のプレーとは関係ないが過去のイチロー選手のレーザービーム集があったので紹介しておく。

普段から他の誰よりも準備をし全力で試合に臨むイチロー選手は有名だが、CMやインタビューに時折見せる自然な笑顔。
あのギャップにやられている人は少なくない。
かくいう私もそのギャップにやられている1人だw

ちなみにこのCM。自然体のイチロー選手が見せる超絶プレーだが、放送当初はCGだと思われていたが、実はCGではなく実際にイチロー選手が行っているプレーの1つだ。CGと思われるほどのプレー。さすが超一流選手だ。。。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top